カテゴリー: 未分類

その他の注意点


病院アートメイクの施術を受ける前に、確認しておくべきことが一つあります。アートメイクをしていると、病院でMRI検査をする時に断られる可能性が高くなります。これはタトゥーも同じで、薬剤に金属を含む成分を使用している場合、磁器に反応してやけどを負うリスクがあるからです。

タトゥーの場合は、実際にMRIを受けてもなんの問題もなかったという人もいますし、アートメイクのアイラインに反応してやけどをしたというケースも報告されています。病院でMRI検査を受けるにあたり、事前にタトゥーやアートメイクをしていないか聞かれます。病院によって対応は違いますが、タトゥーやアートメイクをしている人は検査を拒否されることもあります。病院によってはリスクがあることを承諾する旨にチェックを入れれば検査が受けられるところもあります。

これについては個人差があるので、絶対にやけどをするとも限りませんが、100%安全という保証もありません。一生MRI検査を受けない人もいますし、今は健康でもいずれMRI検査が必要になることもあるかもしれません。これについては自己責任になるので、人によってはアートメイクをする前によく考えた方がいい場合もることを覚えておいてください。

FDA認可薬剤とは?


医師アートメイクを受ける場合は、FDA認可薬剤を使用しているクリニックを選ぶことが大切です。FDA認可薬剤とはどういうものかを説明します。FDAはアメリカの食品医薬局のことで、アメリカ政府が管理している機関です。FDA認可薬剤ということは、アメリカのお墨付きがあるということになります。

アートメイクを行っている医療機関は、国内にもたくさんありますが、医療機関でもFDA認可薬剤以外を使用しているところがあります。FDA認可薬剤は安全性が高いと証明されているので、安全性が証明されていないものを使うリスクを考えたら、FDA認可薬剤は重要な見極めポイントになります。クリニックによって使用する薬剤が違うので、事前の確認をしておきましょう。

口コミなどで評判のいいクリニックでは、ほとんどがFDA認可薬剤を使用しています。施術を受けた人にもトラブルは起きていませんし、仕上がりもきれいです。アートメイクは医療行為ですから、医療機関のみ施術が受けられます。メディカル視点で施術を行うことをモットーとしている、日本メディカルアートメイク協会に加入しているクリニックならより安心できます。アートメイクを受ける前にはこれらのことを確認しておくといいでしょう。

アートメイクの注意点


アートメイクは医療行為となるため、医療機関でしか施術できません。医療機関以外で施術を受けるのはリスクを伴うので注意が必要です。一度施術を受けると、3年前後は持つのでメイクが楽になります。メイクを落としてもアートメイクをしたところは、綺麗な状態を維持できます。

アートメイクメイクと名がついていますが、皮膚に薬剤を使用して色をつけるという仕組みです。わかりやすくいうなら、タトゥーと同じと考えるといいでしょう。ただしタトゥーより浅い部分に色付けをするので、肌の奥まで色を入れるタトゥーのうように一生消えないわけではありません。アートメイクは表皮の部分にのみ色を入れるので、時間が経つと少しずつ薄くなっていきます。

いずれにしろ体に薬剤を入れる以上、安全な薬剤かどうかが重要になってきます。アートメイクの施術を受けるにあたり使用する薬剤は、FDA認可薬剤であるかどうかの確認をしましょう。FDAというのは、アメリカの食品医薬局のことです。FDAが認可したものは安全性が確認されているので、直接肌に使用するアートメイクの薬剤も安心ということです。

もしも医療機関であっても、使用する薬剤がFDA認可薬剤ではない場合はそこでの施術はリスクがあると考えた方がいいかもしれません。FDA認可薬剤を使用しているかどうかは、クリニックのホームページでも確認できますし、直接問い合わせをすれば教えてもらえます。自身の体に使用するものですから、安全性の確認はきちんとしておきましょう。